ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

んっこれはロシアも政治的に大きな方針転換してきたな。ロシアの対中兵器輸出、ほぼゼロに

アメリカを叩き潰すでプーチンさんは
いったん中国と組んだけど
基軸通貨体制を破壊し勝利することが決定したので
年率の軍事費の伸びが著しく
世界2位の中国への警戒を優先してきた

やはり永遠の同盟はなく
あるのは利益のみ
国際社会の本質がわかる

でもこの決定は指導者としては正解だと思う
バランス・オブ・パワー
何が起こってもいいように
あらゆる対策をたてるのみ

しかしこれで私も投資がやりづらくなるので
細かく見てかないと
いけなくなった

対中包囲網の強化されるとなれば
次の国へ移らなければいけない時も来るやもしれん





ロシアの対中兵器輸出、ほぼゼロに=最新鋭技術の提供めぐり対立
(時事通信社 - 01月29日 21:01)
 【モスクワ29日時事】ロシア紙・独立新聞は29日、ロシアの中国向け兵器輸出がほぼゼロに激減していると伝えた。この問題を協議するため、セルジュコフ国防相が5月のプーチン大統領退任までに訪中する可能性があるという。



 ロシアから中国への兵器輸出は最近まで、年間18億~20億ドルに上り、兵器輸出全体の約4割を占めていた。しかし、同紙によると、ウズベキスタンにある軍需工場の技術者不足から、総額15億ドルに上る軍用機輸出契約が最近頓挫し、現時点で大型契約は残っていない。



 また、対中警戒感が根強いロシア軍内で、中国に最新鋭兵器をどこまで提供するかをめぐり意見が統一されていないことから、中国が求める兵器の売却やライセンス生産の権利付与に応じていない。ロシアは一方で、インドには戦闘機を含む最新鋭兵器を売却しており、中国側の不満が高まっているとされる。 



[時事通信社]
スポンサーサイト
  1. 2008/01/30(水) 09:25:13|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

イラク米軍削減の大統領案、クリントンとオバマ両氏が反対

さて方向性はこっちで決まりそうだが
後は時期の問題
どの段階で動こうか決めねばな

共和党、民主党にせよ

イラク政策続行イランへ突撃 GOGOコースだと
私も今のコースでGOGOだが
違うとなると粛々とやらねばならぬ

アメリカが軍事で攻める時期と経済で攻める時期
この2つの時期によって
態度を臨機応変に変えていかないと

イラク米軍削減の大統領案、クリントンとオバマ両氏が反対
 【ワシントン=五十嵐文】来年11月の米大統領選に出馬を表明している民主党のヒラリー・クリントン、バラク・オバマ両上院議員は12日、ブッシュ大統領が13日に発表するイラク駐留米軍の兵力削減案に反対する意向を相次いで表明した。

 イラク政策の成果を強調して支持挽回につなげたい大統領側の機先を制し、共和党政権との違いを鮮明に打ち出す狙いがある。

 オバマ議員は12日、アイオワ州で演説し、イラク政策に関する包括計画を発表。今から毎月1~2戦闘旅団のペースで兵力削減を進め、2008年末までに現在16万人(20戦闘旅団)のほぼすべてを撤収させることを提案した。

 大統領は13日のテレビ演説で、イラク駐留米軍について、「年内の兵力削減開始」「夏までの3万人(5戦闘旅団)規模の削減」を打ち出す見通し。オバマ氏は、「米国民の安全を守り、イラクの内戦を解決するためイラクの指導者に圧力をかける最善の方法は即時撤退開始だ」と述べ、大統領との違いを強調した。

 一方、クリントン氏は同日、大統領あてに書簡を送付。大統領が発表するイラク政策は「あまりに少なく遅すぎる」と断じ、削減ペースを加速するよう強く求めた。ただ、具体的な数値目標や期限には踏み込まなかった。

 クリントン氏は世論調査の支持率トップで、2位のオバマ氏以下を20ポイント以上の大差で引き離しているだけに、次期政権に引き継がれることが確実なイラク政策をめぐっては特に慎重な姿勢が目立つ。オバマ氏はこの日の演説で、「私はこの戦争に最初から反対してきた」と述べ、2002年のイラク開戦決議に賛成したクリントン氏を批判した。

(2007年9月13日19時5分 読売新聞)
  1. 2007/10/04(木) 16:01:23|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今年の後半から来年の初めまでの展望

<今年の後半から来年の初めまでの展望>

今年の初めメルマガ書いたとおり
イラン関連でイベント起こって
原油高きっかきに一旦崩れるかなと思い
夏までは強気と書いてたが

予想通り原油高はきたものの
下げについてはサブプライムできましたね

コスト効果が薄れてくるから船売って
オイル関連に移していたんだが
パフォーマンス的には
原油高恩恵でオイル企業買値6割近く上がったものの
船が売ってから、運賃再度盛り上がり健闘して
たいして変わらなかった

でもやはり
リスク的には船の方が高いと思う
サブプライムショックでアメリカは個人消費期待できんし
来年はアメリカ軍事ちょっと縮小する
ちょっと前ニュースでてましたね

てことは、こらへんの支出もなくなるわけだから
来年辺りアメリカはきついかな

日本株も三角合弁、M&Aのこのテーマ
金融がダメージ受けた以上ペケなって
業績プラスM&A期待で買われるだろうとの
新日鉄がプラスアルファの部分がなくなったからまず切って

お気に入りの船の会社
今回のショックびくともしなかったが
コスト関連からリスク回避で切って
ただいま日本株ノーポジション

日経平均は思ったより上がらなかったが
もともと薦めていた
外需関連はサブプライムなんのその
高値更新バンバン叩き出してるけど

弱気だった内需関連がボロボロで足をひっぱったせいですな
よって内容的には悪くない

ただ来年は以上の文で述べたように
アメリカは内需から外需の比率強くなるから
日本は外需から内需の比率強めていかなきゃ駄目なんだけど
政府は消費税上げるのなんのと
小売をメタメタにする政策しかしてないから
全体としてペケだね

悪い方から順位づけでいくと
まず日本市場オンリー 一番×

米国市場の比率高いとこは
個人消費駄目になり、アメリカ政府の軍事支出減るから
弱気で 二番

戦争は
日本企業の利益になり
例えばボーイングとか
民間部門用の新しいやつで言うと
主要部品ほとんど日本制
三菱重工業が主翼
川崎重工が前部胴体と主肢格納部など
富士重工は主翼と胴体を結合する中央翼
3社合計で機体の部品、部材の約35%
気体に使用される炭素繊維複合繊維なんかは東レですね

日本の技術は素晴らしい証拠で
こういった会社は堅調

本来ならこのような会社
法人税減税なり経済特区に似たようなの作るなりして
日本国に設備投資を仕向けさせる政策をとって
バンバン工場を誘致してその付近の商店や住宅の需要を喚起し
全体のパイを上げなきゃいけないんだけど
してないとこみると
そういったのは今後も期待できない

よってGDP全然伸びてない
こういう現状ですね

やはり日本株はアジアとかヨーロッパの比率高いとこかなとなる
でこれが三番

一番面白いのはショックのたんびに信用売りで遊ぶことですね

まぁ自分はもう買ってなくて
アメリカと日本からおさらばした金を

今回の下げでどこに向かわせたかというと
全部上海、深セン、香港となっております

まぁこんなとこでしょう
今年はもう一回ぐらい
凹む時あると思うから
そん時もまた新たにかき集めれた金注ぐ予定です

今のとこの現状認識と展望はこんな感じ

今日はこれまで


★☆★☆★☆★

相互紹介コーナー



★☆★☆★☆★
投資の勉強するのに良い本は
メインのブログに

http://zyunya1983.blog11.fc2.com/

香港株なら
口座開設すれば良質な投資情報が見られる
マネックス証券
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UDBQR+EV8PMA+I0C+601S3

株式市場が膠着状態の時は
為替の方が稼げます
お勧めは
太平洋物産
手数料0円でスワップ金利も高めなので
僕はここが好きです







口座開設は5万円からOK!
新規口座開設キャンペーンにつき、お得な特典が盛りだくさん。
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZWO5L+CZYQ9E+IMK+626XV

投資金貯めるのにメール受信もいいですよ
とりあえずメール受信用にホットメールのアドレス作って
ポイント沢山もらえる無料会員登録や他のもやれば
1000円、2000円なんて1日で手に入ります

http://dietnavi.com/?id=710978

投資するにあたっての質問、相互紹介依頼、広告に関しては
syamusu723@msn.comにどうぞ

★☆★☆★☆★

編集後記
  1. 2007/10/04(木) 16:00:24|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

米国は全体の3分の1を占める最大の兵器輸出国 議会調査局

来年はこれらの金が計画どおりむこうがやるなら
ちょっと鈍るんだよなぁ
ここなんだ投資においての迷うとこは

米国は全体の3分の1を占める最大の兵器輸出国 議会調査局
2007.10.1 19:06
 米議会調査局は1日、2006年の各国の発展途上国への兵器売却総額(契約ベース)は約288億ドル(約3兆3000億円)で、米国が全体の3分の1超の103億ドルを占めてトップだったとする報告書を発表する。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が報じた。

 「発展途上国への通常兵器移転」と題する報告書によると、途上国と先進国を合わせた兵器売却総額は前年比約13%減の403億ドルで、同じく米国が169億ドルを占め最大の輸出国だった。

 途上国への兵器売却では、2位はロシア(81億ドル)、3位は英国(31億ドル)だった。先進国への輸出を合わせた額でも同順位。

 輸入国はパキスタン(51億ドル)、インド(35億ドル)、サウジアラビア(32億ドル)、ベネズエラ(31億ドル)、アルジェリア、イスラエル(いずれも21億ドル)の順。

 中国は高性能の空・海軍兵器をロシアから輸入する一方、途上国に安価な兵器を輸出している。(共同)
  1. 2007/10/01(月) 21:39:48|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中抑止で基地整備・印、スホイ機配備進める

覇権と資源獲得争いを眺めるのはやはり楽しいな
この前あったミャンマーの一件
中国が軍事政権の肩を持ったのは
もちろん利権のためであるし

アメリカが潰したがるのも、もちろん利権のためだろ
邪魔だろ中国に利権渡す軍事政権なんて

天然ガスで温まりたいよねやはり
デモもアメリカがロシアの時みたいに
資金援助でもしてたんじゃないかと思ってしまうね

米国防総省が新しく作った
「アフリカ軍」は中国監視が狙いと
ヘンリー米国防筆頭副次官も前言ってたし
これは世界規模でドンパチでやっているわけだね

「中国は経済問題を通じて
 一定の政治的影響力を行使している」と述べ
 資源獲得を目的にアフリカ諸国との政治的、軍事的
 関係構築を強める中国を監視する狙いがあると
 はっきり明言している

アフリカ辺りはレアメタル関連も沢山眠ってるし
中国は先手先手でとって良い判断だと思う
日本もこらへんに大使館どんどん作って
援助と引き換えにこういった関連かき集めるべきだが
ちょっと遅いかな

しかしインドは面白いなバランス感覚がいい
アメリカと中国両方と仲良くして
アメリカから技術と資金そして核を持つのを
事実上容認されつつ
中国とも交流を深め利権を分かち合う
しかし警戒を怠らず軍事力の整備を進めてるわけだ

今の時代はあちこち眺めてると面白いネタが転がってて
飽きないし自分の行動の結果がちゃんとでてくるし
父親の時代のあの退屈な感じよりかは
よっぽどいいな

この時代に生まれて良かった

(4/18)中国、ミャンマーに送ガス管――ベンガル湾沖で購入権
 【バンコク=三河正久】ミャンマー軍事政権は17日までに同国西部ベンガル湾沖合で開発している天然ガス田のガス購入権と、ミャンマーの国土を横断するガス・石油パイプラインの建設を中国国有企業に認可することを決めた。中国は膨大な天然ガスとともに念願のインド洋への出口確保につながる可能性がある。

 ミャンマーのガス田開発を巡っては日本の丸紅、韓国、インド、タイ企業なども関心を示していた。

 ミャンマー政府筋によると、軍事政権は中国国有の中国石油天然気集団(ペトロチャイナ)に(1)ミャンマー西部ラカイン州沖合で開発中の天然ガス田「シュエ・ガス田」のガス購入権(2)同州西部の港湾都市チャオピューから中国に向けたガスパイプラインの共同建設、(3)同州西部港湾都市シットウェから雲南省までの原油パイプラインの建設――の3点を認めると決定。近く正式に合意文書に署名する見通し。



中抑止で基地整備・印、スホイ機配備進める
 【ニューデリー30日共同】インドが対中国軍事抑止力強化のため中国国境近くの2カ所に空軍基地を新たに整備し、核兵器の搭載も可能なロシア製の新鋭戦闘機スホイ30の配備を進めていることが30日分かった。インド軍当局がこのほど一部記者団に基地を公開した。

 インドは4月、核弾頭搭載可能な中距離弾道ミサイル「アグニ3」の発射実験に成功、核戦力で優位に立つ中国を追う立場だが、同じスホイ戦闘機などで空軍力を急速に強化する中国をにらみ、国境付近の基地整備で、より実戦に即した抑止力を目指しているもようだ。

 基地は北部ウッタルプラデシュ州バレーリーと北東部アッサム州テズプル。バレーリーでは既に2個飛行中隊が配置済みで、テズプルにもあと半年で2個中隊が配置される。インドの軍事専門家によると、スホイ30は航続距離3000キロで、150―250キロ離れた中国国境には8分で到達が可能という。

 バレーリー基地には戦闘機八機を収容できる大型格納庫のほか、航空電子工学の研究施設も建設中。(17:01)

  1. 2007/10/01(月) 00:30:22|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

インフレ率10万%世界で最悪の経済状況にある国はどこか?

日本は外貨準備が大量にあるから
まだまだこのような状況は防げているが
この国より我々の国は対GDP比の債務率高いわけです
貿易収支と財政収支その内訳
これからも細かく見て素早く動くに限るな

金がないからどんどん札を刷って凌ごうとする
他国と比べ通貨が安くなってる2つの国
注目すべき

もうドル円で物を考える時代ではない

細かな点で違うことはあっても
いつの時代も根本は変わらない


発信箱:インフレ率10万%=中村秀明
 世界で最悪の経済状況にある国はどこか?

 自爆テロが続くイラクでも、大量虐殺とあふれる避難民のスーダンでもない。アフリカ南部のジンバブエである。

 国際通貨基金(IMF)が「年末には年率10万%」と予測する超インフレに見舞われ、失業率は推定70%超。インフレ率10万%とは、きょう100円のモノがあすは300円、1週間後に約2000円になる世界だ。政府も手をこまねいているわけではない。ただし、無謀な対策だ。

 6月に全商品の価格を強制的に半値にする「価格半減命令」を出した。命令が守られていないとみるや、警察が取り締まりに乗り出し、商店主や企業経営者を逮捕した。最近は、企業などに商品価格や賃金の値上げを禁止したようだ。

 かつては英連邦の一員で、豊かな土地に恵まれた農業国だった。稼いだ外貨で教育と医療を充実させ、ムガベ大統領は「独立の英雄」と尊敬された。しかし、数年前から白人経営の農場を強引に国家管理にしたり、野党を弾圧するなど強権政治に走った。それが欧米の制裁を招き、経済状況は急変する。

 食料不足に陥り、国民は飢えた。国の財源も不足したため、紙幣をどんどん刷ってしのごうとした。当然、ものすごいインフレがやってきた。

 4年前、現地を取材した同僚は「独立戦争の苦しさを知る国民は戦いを望まない」というあきらめを聞いたという。国のリーダーが道を誤り、国民がそれを正そうとする熱意を失うと、どうなるか。超インフレという経済の生きた教材を提供するジンバブエ問題の底流は深い。(経済部)

毎日新聞 2007年9月28日 東京朝刊

  1. 2007/09/29(土) 22:59:58|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本の貿易赤字への道

日本企業はともかく
日本国は経済戦争に完全に中国、
インドに負けたといっていい

消費税あげるにせよ
次につながる海外に負けないくらいの
法人税引き下げ
それによる日本国への設備投資につなげるという
流れになるものがない
グローバル化で世界的な戦争をしているというのに
他の動きを見てないからだろ要は

アメリカはサブプライム以降内需から外需へ
移行をしてきているのだから

日本は外需から内需への比率が高くならなきゃ
上がっていかないというのに
内需をめためたにするのしかしてないな

今年の初めメルマガで
日本株は内需じゃなく外需関連買っておけかいたが
ぴしゃりでしたね

ほんの数年前までは
日本で部品を生産し海外へ輸出し
現地で組み立て販売していたのだが

去年辺りから
この逆の流れが加速してきた

先週の土曜9月22日の日経新聞の1面で面白かったのが
低価格戦略車日本に投入
という所

日産は2009年にも
80万~90万円程度の低価格車を国内で販売する方針固め
アジアからの部品調達を大幅に増やして
生産コストを削減する

と書いてあったけど
これ即ち貿易収支で言うところの
輸入増、輸出減だろ

工場を日本に作って有利だと思う税制を整えれて
世界の誘致合戦に打ち勝てたら
その地域の周辺の住宅、商店の売り上げにつながり
これが全体的な流れになれば全体のパイが上がるわけだ
出来なかったから今の状況がある

自動車産業というのは規模的にでかいのだから
この分野までこの流れ定着してきたということは
相当やばい状況だろう

輸出依存が抜けてない日本がこれだと
これは国家として弱くなるということだから
円の価値はますます下がる

というわけで私と私の友人達は
海外投資へさらに加速
円という通貨は国の国民への借用書ということなのだから

レバノンに続き公的債務世界第二位
大量虐殺などあり国として機能していない
ジンバブエよりひどいこの貧乏国に
期待するだけ無駄ですね

信用を失った時国そしてその国の通貨はあっというまに
ボンで
日本国民は敗戦で
満州国の通貨が紙くずになったのをしっているし
日本円の価値を一気に政府に消し飛ばされて
持っていた財産を奪われたのを知っているはずである
私の父親は地主の家系だから
こういった話は耳にタコができるくらい
毎年夏休み田舎に帰るたび子供の頃聞かされたものだ

ここらへんの土地からずっとむこうまで
元々は家のものだったが
政府にとられたのだと
こういった意識があるから
私の代で蓄財をする楽しみがあるわけで
能力を父親に披露してみせる喜びがある
親の面倒を見るのは当然に私であるし
もちろん自分が死ぬまでこの行為は変わらない
これは父親の話のおかげで
昔々に土地が沢山あったと思いをめぐらす楽しさを
子供の頃味わったためである

まぁ日本国は
あちこちロシアやアルゼンチンが財政破綻で
通貨危機陥った時のように

近い将来
売春とか強盗やらなきゃ暮らせない人間が
ごろごろ溢れてもおかしくない

のほほんとしているやつ多いが
現状では2020年まで財政もたないのは
税金上げようがどうあがいても確実で
CIAだって2000年頃
2015年には日本は先進国の地位から脱落する
言ってるのにこれだから

売春とか強盗やる連中というのは
こいつらからでしょう

美しい国を支持するのなら
その国民もそれに伴う知性により
賢く行動しなきゃですね
まぁこれらの連中からは賢さのかけらも見当たりませんが

なんとかしてくれ
なんとかしてくれで
奴隷根性、小作人根性が染み付いてとれないようだが
自分で考えて行動しなきゃ
何も事態は好転しません

  1. 2007/09/25(火) 22:50:57|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

生まれし日の無にまたかへる無の世界

夢二



生まれし日の無に
 またかへる無の世界
  築きし富も用なくなりぬ

この歌は
三田の拝金宗と呼ばれた
福沢諭吉先生の女婿殿で
日本の歴史の中で私の好きな人の一人
福沢桃介さんが他界した時に
送られたものです

確かにそれは事実でありますが
「富国強兵」が尊ばれた
競争政策化の国または家庭で育った人間で
それを自らも良しとして生きてきた人間にとっては

娯楽と呼ばれる娯楽よりも
チャンバラやって勝って喜ぶか負けて死ぬかの
この高揚感の中で生きることこそ
一番の娯楽でありましょう

チャンバラに値する
平和時の戦争は経済なのであるから
この中で遊ぶだけのことで
金の大小はその遊んだただの結果
水泳や塾、狩りでいう
メダルや表彰状、鹿の首の飾りと同じ類のものであります

市販されているゲームを買って遊んでも
エンディングまではそうはかからないが
この経済という遊びなら
寿命になるまで楽しむには良い対象ですね
長く楽しめますから

研究のしがいもあろうというものです

さて、そろそろ本題の株の話
為替は上手く捉えれたが
株の方の波の読みは
思ったより全体としては下げています

しかし今の状態
くそみそ一緒くたにされて
売られている状態

個別の会社でいったら別に
世界同時株安起こる直前時でも全然高くなく
買い得なものまで
売られていますね
ただの人気で上がっていったやつは
当然だと思うけど

受注状況と事業展開考えて
これらの会社にとっては良い買い場ですな

底はわからんけれど
今から売りに出すのは
持ち株に関して考えるともったいない
なので私は買っていきます

こういった時に
安いのをわざわざ売るのは
どうも自分は苦手で

下げ局面
白目むきながらも、ちゃんと買っていけるかで
後々パフォーマンス相当変わるから
特にこれといった差し迫った必要資金
突っ込んでない人で

普段からあまり金使わんでも
全然平気な人は
今月、来月に入ってくる金は
全部突っ込んじゃったらどうでしょう

安いやつに関して言えば
反発局面にまた戻れば
あげ方でかいだけに
美味しいですよ今回

私は実家暮らしで
買いたいのも本ぐらいしかないし
相方は今イギリス
こっちくるのは6月頃

こんな時の出費は
月2万でも余るぐらいなので
自分はこの方針です

なんか私の金は
親には関係のないことなのに
私よりはるかに
投資金が少ない父親と母親が
ピーピーキャーキャー騒いで
我が家はうるさいですわ
去年度に大半の仕込みすませてるのだから
こんくらいじゃ動揺する必要もないのに
不思議なものです

皆様方の家庭はどうでしょう?(笑)

でわでわ今日はこらへんで


★☆★☆★☆★

相互紹介コーナー



★☆★☆★☆★
投資の勉強するのに良い本は
メインのブログに

http://zyunya1983.blog11.fc2.com/

香港株なら
口座開設すれば良質な投資情報が見られる
マネックス証券
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UDBQR+EV8PMA+I0C+601S3

株式市場が膠着状態の時は
為替の方が稼げます
お勧めは
太平洋物産
手数料0円でスワップ金利も高めなので
僕はここが好きです







口座開設は5万円からOK!
新規口座開設キャンペーンにつき、お得な特典が盛りだくさん。
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZWO5L+CZYQ9E+IMK+626XV

投資金貯めるのにメール受信もいいですよ
とりあえずメール受信用にホットメールのアドレス作って
ポイント沢山もらえる無料会員登録や他のもやれば
1000円、2000円なんて1日で手に入ります

http://dietnavi.com/?id=710978

投資するにあたっての質問、相互紹介依頼、広告に関しては
syamusu723@msn.comにどうぞ

★☆★☆★☆★

編集後記
  1. 2007/03/06(火) 02:26:09|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

G7を終えての私の現時点での株と為替に対しての捉え方

んーじっくりG7声明読んで
ニュースも一通り読んだが
何ともまぁ面白くない声明でしたw
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kaigai/news/20070211k0000m020051000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kaigai/news/20070211k0000m020046000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kaigai/news/20070211k0000m020031000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kinyu/news/20070210k0000e020022000c.html
為替の方ブログ日記で書いてた1月20日以降
主力のポンドスイス売り浴びせ
次にポジション高い右翼の
ユーロポンド買いは上手く捉えれたが

このG7じゃ
同レベルであるポジションの左翼である
ドルカナダ売りは良いとして
ドル円売りは
原爆投下ならず

まぁ予想通り円安への反発が強い欧州から
円安懸念はでつつも声明では
直接はっきりとはでなかったから
パンチに欠ける

ヘッジファンドは監視強化とのこと
規制強化まではいかんかったが
共同声明にでてきたのは良かった
しかしこれも、原爆レベルではない

ただ日銀の福井総裁が
欧州に対しての配慮かと思うが
今月、追加利上げへ
意欲をみせる答弁してくれたので

こっからさらにがんがん円安進むとも思わん
進んだとしても限りがある

欧州のみならず米からも言われるようなると
急激にドカンときてしまうから
市場安定化の方向性へと向かわせたいのでしょうか

なので
ドル円はまだレンジ脱しきれず
ジリジリしたものになるだろうかな
自分は年間とおして円安気味かとは思ってるが
一旦は円高方向に調整をかね
しばらく行くと今のとこ考えていて

まっ月曜様子をみるが
しばらく全ポジションはそのままで
売りまし買い増しは欲をかかずにどちらもせず
じっくり持つことなりそう

過度にやると死にますからね

この声明じゃ株の方への
波及を心配するほどでもないので
中国株、日本株、商品先物共に
さっと逃げる必要はなさそうです

前回メルマガ同様
株はまだ攻める継続

新日鉄は前のメルマガ時640円辺りに下がったとこ拾いで
ごちでしたが
中国株もまだコツコツ拾うで良いのではないでしょうか

今月はいまのとこ
こんな感じです

今日はこれまで

★☆★☆★☆★

相互紹介コーナー



★☆★☆★☆★
投資の勉強するのに良い本は
メインのブログに

http://zyunya1983.blog11.fc2.com/

香港株なら
口座開設すれば良質な投資情報が見られる
マネックス証券
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UDBQR+EV8PMA+I0C+601S3

株式市場が膠着状態の時は
為替の方が稼げます
お勧めは
太平洋物産
手数料0円でスワップ金利も高めなので
僕はここが好きです

口座開設は5万円からOK!
新規口座開設キャンペーンにつき、お得な特典が盛りだくさん。
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZWO5L+CZYQ9E+IMK+626XV

投資金貯めるのにメール受信もいいですよ
とりあえずメール受信用にホットメールのアドレス作って
ポイント沢山もらえる無料会員登録や他のもやれば
1000円、2000円なんて1日で手に入ります

http://dietnavi.com/?id=710978

投資するにあたっての質問、相互紹介依頼、広告に関しては
syamusu723@msn.comにどうぞ

★☆★☆★☆★

編集後記



★☆★☆★☆★

相互紹介コーナー

  1. 2007/02/11(日) 04:48:08|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

米予算教書:テロ戦費は「ベトナム」超え 累計96兆円 

政治家とか慈善家はこういったニュースをみて平和とか対外関係とか国はどうするべきかについての
発想にまず移行するのだろうが

私のように中学1年の辺りから
商売するような商い系の発想が
脳みその基本ベースとなっている人種は
まずこういった金がどこに移動するのかという
発想が最初に思い浮かぶ

戦費に使う金は
どの国にいくのか
どの企業にいくのか
その企業の取引先はどこなのか
取引先の取引先はどこなのか
その中で一番旨みを得るとこはどこなのか

それを踏まえつつ
各国の関係がこれからどんな展開になるか考えて
金の流れは
どこからどこへ行くか
考慮するために

政府が計画してる政策やら
外交の動き
軍事の動きをみる

そんなことを考えるのが
毎日楽しくて仕方がない

歩いてる時も、人と話をしてる時も
食事してる時も、寝ようとしてる時も
勉強してる時も
頭の片隅で常にこういったことを考えるのが
喜びであり至福のひと時

金を稼いで何を買いたいかで
行動してるわけではなく
頭の中で思い描いた
これがこう動いたらこうなって
そしてあれがああ動いたらああなる
その結果Aという現象がおきる

このように考えいたとおりに
世の中が動いた時
嬉々とした感じになる

友達に代議士の卵とか経営者いるが
こういった人達は
まず最初にビジョンがあって
世の中をこのように変えていきたい
こうしたいってのがなきゃ駄目だが

自分の場合はただ単に
世の中を変えるより
自らの思考とか行動を変えてしまった方が
よっぽど楽だという発想がまずきて
今のような行動をしてるだけだから

相手の話ぶりから
どの手のタイプか分析して
こっちタイプの人間は
話しててやはり楽しいな

先月の終わり銀座の畜産会議館で
そうさんの誕生日のお祝い会したが
やっぱり
そうさんは糸山英太郎さんとか石原慎太郎都知事に
祝ってもらったり
集まってくる人達も立派な人達ばかりだったので
私とは育ちからして根本的に違うなと
感心しっぱなしでしたわ

しかし、どっからあんだけの人数集まったのだろう
そこが知りたいw

サラブレッドですな本当

私の誕生日は家族にもっと金を稼いで来いとか
そんなことばかししか言われないし
この格差は顕著でしたわ

【ワシントン木村旬】ブッシュ米大統領は5日、08会計年度(07年10月~08年9月)の当初予算にあたる予算教書を議会に提出する。イラクでの米軍経費が大半を占めるテロ戦費約1450億ドルを計上。07年度の補正予算でも、テロ戦費約1000億ドルの追加支出を議会に求める。同時多発テロが起きた01年以降、テロ戦費はすでに約5000億ドルに達しており、約500億ドルと予測される09年度も含め、9年間で総額約8000億ドル(約96兆円)に膨らむ。今の貨幣価値で6000億ドル程度とされるベトナム戦争の戦費を大きく上回る。

 テロ戦費は当初予算に初めて計上される。これまでは補正予算で対応してきたが、民主党から「隠れ予算」と批判されていた。予算教書には、これ以外の国防費も前年度教書比約10%増の約4800億ドルを盛り込む。総予算の6分の1を占め、巨額の財政赤字を抱える中、国防関係以外の歳出は抑制し、イラクへの米軍増派を打ち出した「テロとの戦い」を最重視する姿勢を堅持する。

 また、財政赤字について、大統領は「12年度までの赤字解消」を予算教書で改めて表明する。06年度の赤字は2477億ドルに上ったが、大統領は「税収増や国防以外の歳出抑制で赤字は縮小しており、解消は可能だ」と説明している。ただ、イラク戦費などが財政を圧迫する中、赤字解消を困難視する声も根強い。

 08年度予算教書の歳出規模は約2兆9000億ドルの見通し。高齢化に伴って増大が予想されている医療保険の財政支出について、今後5年間で総額約1000億ドルの削減を提案する。国防関係以外の教育などの裁量的支出の前年度比伸び率も1%程度に抑える。

 国防費は、ゲーツ国防長官が発表した陸軍と海兵隊の定員拡大に伴う予算措置が柱。対テロ戦争の長期化に備え、陸軍と海兵隊の定員を今後5年間で計9万2000人増員する方針で、08年度予算案には約120億ドルを計上する見通し。

 また、国防総省は米軍変革に伴う軍機構や装備の近代化のほか、ミサイル防衛など巨額経費を伴うプロジェクトも進める。民主党は陸軍の定員増は同党の主張でもあり認める方針だが、ミサイル防衛には一定の歯止めをかける姿勢だ。

 ■成長頼み 楽観見通し

 【ワシントン木村旬】ブッシュ米大統領が5日、議会に提出する08会計年度(07年10月~08年9月)の予算教書は、巨額の財政赤字を12年度に解消する目標を盛り込んだ。ただ、大型減税の継続を前提に経済成長を維持して税収の増加に頼るシナリオだ。混乱が続くイラク情勢や高齢化に伴う社会保障費の拡大という重荷を抱え、楽観的な見通しであることは否めない。議会多数派の民主党の反発で、予算審議は難航しそうだ。

 ◇減税恒久化も

 「財政赤字の半減を目標の09年度から3年前倒しで達成した。経済成長が財政均衡のカギだ」。大統領は3日のラジオ演説で、景気回復に伴う税収増を受け、06年度の赤字額は2477億ドル(約30兆円)に縮小したことを強調した。04年度は大型減税やイラク戦費が響き、過去最大の4127億ドルの赤字だったが、「今の路線を推し進めれば、赤字解消は可能」というのが政権の論理だ。

 ただ、減税は10年度で失効するため、大統領は「減税恒久化」を訴えている。民主党に議会多数派を握られ、政権支持率が低迷する中、減税を「富裕層優遇」と批判する民主党をけん制し、減税の意義を強調して、政権の求心力を回復する狙いとみられる。

 しかし、減税効果で期待する税収を確保できる保証はない。党派に中立的な米議会予算局が先月まとめた試算によると、減税を10年度に打ち切れば、12年度に財政黒字を確保できるが、減税を継続した場合、税収が落ち込み、12年度には約1000億ドルの赤字に陥るという。

 ◇戦時予算

 さらに、混迷の続くイラクを中心とした戦費も財政を圧迫する。07年度は補正も含めて約1700億ドル、08年度は約1450億ドルと巨額の支出が続く。政権は「09年度はイラク情勢の改善で500億ドル程度に縮小する」との見通しを示しているが、米軍増派を打ち出す一方、撤退時期は明示できておらず、支出が膨らむ恐れがある。

 大統領は「私の最優先課題は米国の安全を維持し、過激主義との戦いに勝つこと」と「戦時予算」に理解を求めている。だが、国防以外の歳出が切り詰められ、民主党は批判を強めている。

 ◇医療保険も増

 また、第二次世界大戦直後に生まれたベビーブーム世代の大量退職が08年度から本格化し、年金や医療保険の財政負担が一段と膨らむことが予想されている。米連邦準備制度理事会のバーナンキ議長は先月、「(財政は)嵐の前の静けさ」と警鐘を鳴らし、「経済成長だけでは財政問題は解決しない」と楽観論にクギを刺した。

 08年度予算教書は医療保険の財政支出を今後5年間で総額約1000億ドル削減する方針を示すが、医療保険の財政支出は年間で約6000億ドルにも達しており、抑制効果は限られそうだ。

毎日新聞 2007年2月6日 0時52分
  1. 2007/02/06(火) 01:52:16|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--