ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

朝鮮日報の見解がテポドン発射の目的としては正しいだろう

【ミサイル発射】「日本は南北から1発ずつ食らった」
 北朝鮮のミサイル連続発射を受け、直ちに万景峰号の入港禁止など9項目の対北朝鮮制裁措置を発動した日本政府は、北朝鮮の動きを見守りながら、北朝鮮への有効な圧迫手段となりうる追加の制裁措置を積極的に検討している。


 また北朝鮮のミサイル発射は、日本が防衛政策に一層はずみをつける口実を提供し、米日ミサイル防衛(MD)体制の構築を前倒しさせる契機となるものとみられる。


 現在日本政府が検討している追加の制裁措置は金融制裁だ。「改正外国為替法」に定められた、国の安全上の理由がある場合には海外への現金の持ち出しを「申告制」から「許可制」に変えられるという規定を適用し、朝総連などによる北朝鮮への送金を遮断することを積極的に検討することにした。


 北朝鮮からの水産物の輸入中断などの貿易禁止措置も検討されている。また地方自治体が朝総連関連施設に対して課している固定資産税などの徴収を徹底し、朝総連への金の流れを抑える方向で検討している。


 また日本政府内ではすでに防衛庁を中心に「迎撃能力なしに監視だけを行う状況」を打開するためにはMD構築を急がなければならないという主張が提起されている。


 以前にも、北朝鮮による日本本土への最初の威嚇軍事行動だった1998年のテポドン ミサイル発射により、その直後に閣議で採択された軍事偵察衛星の導入が、2003年末に実現した経緯がある。日本が米国と共にミサイル防御体制の研究開発に着手したのもこの時からだ。


 また韓国側による独島(日本名竹島)海域の海洋調査が北朝鮮のミサイル発射と同じ日に実施されたため、韓国へも冷ややかな視線が向けられている。「日本は同じ日に南北から1発ずつ食らった」との意見も出ており、日本政府は「対抗的海洋調査」を強行するものとみられる。


東京=鄭権鉉(チョン・グォンヒョン)特派員


朝鮮日報


>また北朝鮮のミサイル発射は、日本が防衛政策に一層はずみ>をつける口実を提供し、米日ミサイル防衛(MD)体制の構築>を前倒しさせる契機となるものとみられる。

んまぁ今回の発射の目的はこれにつきるだろう
発射をして日本が焦りだせば
アメリカから、中々渋って金を出さないでいる
ミサイル防衛のシステムを購入し

アメリカ(軍事産業)は儲かるし
アメリカが儲かるのなら
北朝鮮はいてもらった方が役に立つ

結果として
北朝鮮の存在意義が高まるなら
そのまま生かされる

今のイランみたいに
核開発うんぬんだけで
攻撃も辞さないと言われているのに
核弾頭数発もってても
対話の道がどうのこうのと
甘~い甘~い応対をしてもらえるのは
これでだろうな

金正日将軍は
政治家としてかなりなやり手なんじゃないか?

フセインさんとかは
大量破壊兵器もってさえいなかったのに
石油取引をユーロ決済にするうんぬんと発言し
アメリカに激怒され
いいがかりつけられて
死刑にされようというのに・・・

日本は憲法9条の壁で
自主的にミサイル基地破壊もできんし
改正されない限り
アメリカ頼みでしかいられない
情けない状態は続く

現在は
アメリカは北朝鮮に対し
攻撃しないと言っている以上
日本は攻撃を防御もできない
無防備状態

自分の大好きなマキャベリが
君主論と政略論で語っていた
これらの言葉のとおりの状態

君主論
「自らの安全を自らの力によって
 守る意志をもたない場合
 いかなる国家といえども
 独立と平和を期待することはできない

 なぜなら、自ら守るという力量によらずに
 運にのみ頼るということになるからである

 {人間世界では、自らの実力に基礎をおかない
  権勢や名声ほど頼りにならないものはない}
  (タキトゥス)

 とは、いつの世でも応用可能な
 賢い人々の考えであり
 評価であったと思う」

政略論
「現代(16世紀)の君主や共和国で
 戦いに訴えねばならない場合に
 自国民からなる軍隊をもっていない指導者や
 国家は恥じてしかるべきだと思う
 
 なぜなら、そのような軍隊をもっていないと
 いうことは、自国に兵士に使える人々が
 いないということではなく
 自国民に、自衛のために立ち上がるという
 気持ちを起こさせることが
 できなかったということを
 示す以外のなにものでもないからである
 
 指導者たちの責任こそ問われて
 しかるべきことであろう」

日本は戦後の国家体制から考えれば
今の世論の雰囲気になっていたのも
簡単にわかる

創業と守成いずれが難しきや

昔々の帝王学の本
「貞観政要」といい

各体制における
現象と結果は
ほぼ語りつくされてる

現代だろうが未来の体制だろうが
さして変わらないかその修正ぐらいでしかない

その意味で
古典の勉強は役に立つから
すごく好き
スポンサーサイト
  1. 2006/07/07(金) 16:09:23|
  2. 自己分析|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--