ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

<沖縄核持ち込み>返還交渉での「密約」示す米公文書判明

非核三原則を表明してノーベル平和賞
とった人間の実際はこうであったし

西山事件で西山記者言っていたことは正しかったのに
現実を見ようとしない

現実に素早く対処するためには
現状分析をしっかりやることはとても大事で

かつての共産主義
これはシステムとしては良い物であったと思うが
結局使う人間が腐ると上手く機能しなくなる

ソ連としての最後
第28回党大会のゴルバチョフさんの演説で
ソ連の最大の輸出品目である原油の市場動向
一言も言及なかったけど
一国のトップがこういった重要な部分について
示せなければ駄目になる
日本も同じ

自国の富の源泉はどこにあり何をすべきか
正確に捉えられないと
外交も上手くできないし
国内問題にも対処できない

まずは現実を直視して
それに基づく制度がやはり必要だ

<沖縄核持ち込み>返還交渉での「密約」示す米公文書判明
(毎日新聞 - 10月07日 20:52)
 1972年の沖縄返還後、有事の際に米軍が核兵器を持ち込むことを日本側が認めた密約について、その存在を明記した米公文書が見つかった。69年11月、当時のニクソン米大統領と佐藤栄作首相は、首脳会談で「核抜き・本土並み・両3年内」の沖縄返還に原則合意したが、事前の秘密交渉に当たったキッシンジャー大統領補佐官が、ニクソン大統領に提出した二つのメモに書かれていた。「核密約」については、日本側の秘密交渉役だった若泉敬・京都産業大教授(故人)が著書「他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス」で明らかにしていたが、米公文書でも初めて存在が裏付けられた。

 日大の信夫隆司教授(日米外交史)が今年8月、米国立公文書館で入手し、内容を分析した。

 11月12日付のメモは「沖縄返還後の米国の核持ち込みと繊維問題に関する日本との秘密交渉」との題があり、「返還後の沖縄への核兵器持ち込みと繊維問題に関する秘密の合意に伴う佐藤首相とあなた(大統領)の台本となるべきゲームプランだ」と説明している。

 同日付添付文書にも、「核問題」の項目に「共同声明の秘密議事録」との表現で「核密約」の存在を明記し、同月21日に行われた首脳会談での想定問答を概説。若泉氏が著書で「キッシンジャー補佐官から手渡された」と紹介した文書とほぼ同じ内容となっている。

 また、11月13日付のメモでは「ゲームプランは昨日午後、ヨシダ氏(若泉氏の暗号名)と私の最終的な会談で確認された」と報告されている。

 ただし、いずれも「密約」の存在は明記していても、内容は書かれていない。また、若泉氏の著書に写真入りで草案が掲載されている合意議事録や、両首脳が「美術品鑑賞」を理由に通訳を外して2人だけで小部屋に入り「核密約」に署名する手続きの申し合わせに当たる文書は今回、開示されなかったという。

 米公文書の発見について、高村正彦外相は毎日新聞の取材に対し「密約はなかった」と話した。【上野央絵】


スポンサーサイト
  1. 2007/10/08(月) 21:19:32|
  2. 戦争と平和|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イラク米軍削減の大統領案、クリントンとオバマ両氏が反対

さて方向性はこっちで決まりそうだが
後は時期の問題
どの段階で動こうか決めねばな

共和党、民主党にせよ

イラク政策続行イランへ突撃 GOGOコースだと
私も今のコースでGOGOだが
違うとなると粛々とやらねばならぬ

アメリカが軍事で攻める時期と経済で攻める時期
この2つの時期によって
態度を臨機応変に変えていかないと

イラク米軍削減の大統領案、クリントンとオバマ両氏が反対
 【ワシントン=五十嵐文】来年11月の米大統領選に出馬を表明している民主党のヒラリー・クリントン、バラク・オバマ両上院議員は12日、ブッシュ大統領が13日に発表するイラク駐留米軍の兵力削減案に反対する意向を相次いで表明した。

 イラク政策の成果を強調して支持挽回につなげたい大統領側の機先を制し、共和党政権との違いを鮮明に打ち出す狙いがある。

 オバマ議員は12日、アイオワ州で演説し、イラク政策に関する包括計画を発表。今から毎月1~2戦闘旅団のペースで兵力削減を進め、2008年末までに現在16万人(20戦闘旅団)のほぼすべてを撤収させることを提案した。

 大統領は13日のテレビ演説で、イラク駐留米軍について、「年内の兵力削減開始」「夏までの3万人(5戦闘旅団)規模の削減」を打ち出す見通し。オバマ氏は、「米国民の安全を守り、イラクの内戦を解決するためイラクの指導者に圧力をかける最善の方法は即時撤退開始だ」と述べ、大統領との違いを強調した。

 一方、クリントン氏は同日、大統領あてに書簡を送付。大統領が発表するイラク政策は「あまりに少なく遅すぎる」と断じ、削減ペースを加速するよう強く求めた。ただ、具体的な数値目標や期限には踏み込まなかった。

 クリントン氏は世論調査の支持率トップで、2位のオバマ氏以下を20ポイント以上の大差で引き離しているだけに、次期政権に引き継がれることが確実なイラク政策をめぐっては特に慎重な姿勢が目立つ。オバマ氏はこの日の演説で、「私はこの戦争に最初から反対してきた」と述べ、2002年のイラク開戦決議に賛成したクリントン氏を批判した。

(2007年9月13日19時5分 読売新聞)
  1. 2007/10/04(木) 16:01:23|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今年の後半から来年の初めまでの展望

<今年の後半から来年の初めまでの展望>

今年の初めメルマガ書いたとおり
イラン関連でイベント起こって
原油高きっかきに一旦崩れるかなと思い
夏までは強気と書いてたが

予想通り原油高はきたものの
下げについてはサブプライムできましたね

コスト効果が薄れてくるから船売って
オイル関連に移していたんだが
パフォーマンス的には
原油高恩恵でオイル企業買値6割近く上がったものの
船が売ってから、運賃再度盛り上がり健闘して
たいして変わらなかった

でもやはり
リスク的には船の方が高いと思う
サブプライムショックでアメリカは個人消費期待できんし
来年はアメリカ軍事ちょっと縮小する
ちょっと前ニュースでてましたね

てことは、こらへんの支出もなくなるわけだから
来年辺りアメリカはきついかな

日本株も三角合弁、M&Aのこのテーマ
金融がダメージ受けた以上ペケなって
業績プラスM&A期待で買われるだろうとの
新日鉄がプラスアルファの部分がなくなったからまず切って

お気に入りの船の会社
今回のショックびくともしなかったが
コスト関連からリスク回避で切って
ただいま日本株ノーポジション

日経平均は思ったより上がらなかったが
もともと薦めていた
外需関連はサブプライムなんのその
高値更新バンバン叩き出してるけど

弱気だった内需関連がボロボロで足をひっぱったせいですな
よって内容的には悪くない

ただ来年は以上の文で述べたように
アメリカは内需から外需の比率強くなるから
日本は外需から内需の比率強めていかなきゃ駄目なんだけど
政府は消費税上げるのなんのと
小売をメタメタにする政策しかしてないから
全体としてペケだね

悪い方から順位づけでいくと
まず日本市場オンリー 一番×

米国市場の比率高いとこは
個人消費駄目になり、アメリカ政府の軍事支出減るから
弱気で 二番

戦争は
日本企業の利益になり
例えばボーイングとか
民間部門用の新しいやつで言うと
主要部品ほとんど日本制
三菱重工業が主翼
川崎重工が前部胴体と主肢格納部など
富士重工は主翼と胴体を結合する中央翼
3社合計で機体の部品、部材の約35%
気体に使用される炭素繊維複合繊維なんかは東レですね

日本の技術は素晴らしい証拠で
こういった会社は堅調

本来ならこのような会社
法人税減税なり経済特区に似たようなの作るなりして
日本国に設備投資を仕向けさせる政策をとって
バンバン工場を誘致してその付近の商店や住宅の需要を喚起し
全体のパイを上げなきゃいけないんだけど
してないとこみると
そういったのは今後も期待できない

よってGDP全然伸びてない
こういう現状ですね

やはり日本株はアジアとかヨーロッパの比率高いとこかなとなる
でこれが三番

一番面白いのはショックのたんびに信用売りで遊ぶことですね

まぁ自分はもう買ってなくて
アメリカと日本からおさらばした金を

今回の下げでどこに向かわせたかというと
全部上海、深セン、香港となっております

まぁこんなとこでしょう
今年はもう一回ぐらい
凹む時あると思うから
そん時もまた新たにかき集めれた金注ぐ予定です

今のとこの現状認識と展望はこんな感じ

今日はこれまで


★☆★☆★☆★

相互紹介コーナー



★☆★☆★☆★
投資の勉強するのに良い本は
メインのブログに

http://zyunya1983.blog11.fc2.com/

香港株なら
口座開設すれば良質な投資情報が見られる
マネックス証券
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UDBQR+EV8PMA+I0C+601S3

株式市場が膠着状態の時は
為替の方が稼げます
お勧めは
太平洋物産
手数料0円でスワップ金利も高めなので
僕はここが好きです







口座開設は5万円からOK!
新規口座開設キャンペーンにつき、お得な特典が盛りだくさん。
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZWO5L+CZYQ9E+IMK+626XV

投資金貯めるのにメール受信もいいですよ
とりあえずメール受信用にホットメールのアドレス作って
ポイント沢山もらえる無料会員登録や他のもやれば
1000円、2000円なんて1日で手に入ります

http://dietnavi.com/?id=710978

投資するにあたっての質問、相互紹介依頼、広告に関しては
syamusu723@msn.comにどうぞ

★☆★☆★☆★

編集後記
  1. 2007/10/04(木) 16:00:24|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

毎年手伝いしてるスウェーデン大使館のイベントのミーティング明日第一回

去年のHP
http://www.swedishstyle.net/style/jp/

このやつの
ミーティングやっと第一回のが始まる
29日からなのに
なんだろうこのスローペース
さすがスウェーデンって感じなんだが

ここから一気に追い上げて仕上げてしまうっていうのが
私好み
メリハリがいいね

てなわけで
明日は六本木一丁目に久しぶりに出撃だ

おーいマドカによしえ君
仕事間に合うか?

倫チャンは来るぞ
  1. 2007/10/02(火) 21:01:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

米国は全体の3分の1を占める最大の兵器輸出国 議会調査局

来年はこれらの金が計画どおりむこうがやるなら
ちょっと鈍るんだよなぁ
ここなんだ投資においての迷うとこは

米国は全体の3分の1を占める最大の兵器輸出国 議会調査局
2007.10.1 19:06
 米議会調査局は1日、2006年の各国の発展途上国への兵器売却総額(契約ベース)は約288億ドル(約3兆3000億円)で、米国が全体の3分の1超の103億ドルを占めてトップだったとする報告書を発表する。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が報じた。

 「発展途上国への通常兵器移転」と題する報告書によると、途上国と先進国を合わせた兵器売却総額は前年比約13%減の403億ドルで、同じく米国が169億ドルを占め最大の輸出国だった。

 途上国への兵器売却では、2位はロシア(81億ドル)、3位は英国(31億ドル)だった。先進国への輸出を合わせた額でも同順位。

 輸入国はパキスタン(51億ドル)、インド(35億ドル)、サウジアラビア(32億ドル)、ベネズエラ(31億ドル)、アルジェリア、イスラエル(いずれも21億ドル)の順。

 中国は高性能の空・海軍兵器をロシアから輸入する一方、途上国に安価な兵器を輸出している。(共同)
  1. 2007/10/01(月) 21:39:48|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中抑止で基地整備・印、スホイ機配備進める

覇権と資源獲得争いを眺めるのはやはり楽しいな
この前あったミャンマーの一件
中国が軍事政権の肩を持ったのは
もちろん利権のためであるし

アメリカが潰したがるのも、もちろん利権のためだろ
邪魔だろ中国に利権渡す軍事政権なんて

天然ガスで温まりたいよねやはり
デモもアメリカがロシアの時みたいに
資金援助でもしてたんじゃないかと思ってしまうね

米国防総省が新しく作った
「アフリカ軍」は中国監視が狙いと
ヘンリー米国防筆頭副次官も前言ってたし
これは世界規模でドンパチでやっているわけだね

「中国は経済問題を通じて
 一定の政治的影響力を行使している」と述べ
 資源獲得を目的にアフリカ諸国との政治的、軍事的
 関係構築を強める中国を監視する狙いがあると
 はっきり明言している

アフリカ辺りはレアメタル関連も沢山眠ってるし
中国は先手先手でとって良い判断だと思う
日本もこらへんに大使館どんどん作って
援助と引き換えにこういった関連かき集めるべきだが
ちょっと遅いかな

しかしインドは面白いなバランス感覚がいい
アメリカと中国両方と仲良くして
アメリカから技術と資金そして核を持つのを
事実上容認されつつ
中国とも交流を深め利権を分かち合う
しかし警戒を怠らず軍事力の整備を進めてるわけだ

今の時代はあちこち眺めてると面白いネタが転がってて
飽きないし自分の行動の結果がちゃんとでてくるし
父親の時代のあの退屈な感じよりかは
よっぽどいいな

この時代に生まれて良かった

(4/18)中国、ミャンマーに送ガス管――ベンガル湾沖で購入権
 【バンコク=三河正久】ミャンマー軍事政権は17日までに同国西部ベンガル湾沖合で開発している天然ガス田のガス購入権と、ミャンマーの国土を横断するガス・石油パイプラインの建設を中国国有企業に認可することを決めた。中国は膨大な天然ガスとともに念願のインド洋への出口確保につながる可能性がある。

 ミャンマーのガス田開発を巡っては日本の丸紅、韓国、インド、タイ企業なども関心を示していた。

 ミャンマー政府筋によると、軍事政権は中国国有の中国石油天然気集団(ペトロチャイナ)に(1)ミャンマー西部ラカイン州沖合で開発中の天然ガス田「シュエ・ガス田」のガス購入権(2)同州西部の港湾都市チャオピューから中国に向けたガスパイプラインの共同建設、(3)同州西部港湾都市シットウェから雲南省までの原油パイプラインの建設――の3点を認めると決定。近く正式に合意文書に署名する見通し。



中抑止で基地整備・印、スホイ機配備進める
 【ニューデリー30日共同】インドが対中国軍事抑止力強化のため中国国境近くの2カ所に空軍基地を新たに整備し、核兵器の搭載も可能なロシア製の新鋭戦闘機スホイ30の配備を進めていることが30日分かった。インド軍当局がこのほど一部記者団に基地を公開した。

 インドは4月、核弾頭搭載可能な中距離弾道ミサイル「アグニ3」の発射実験に成功、核戦力で優位に立つ中国を追う立場だが、同じスホイ戦闘機などで空軍力を急速に強化する中国をにらみ、国境付近の基地整備で、より実戦に即した抑止力を目指しているもようだ。

 基地は北部ウッタルプラデシュ州バレーリーと北東部アッサム州テズプル。バレーリーでは既に2個飛行中隊が配置済みで、テズプルにもあと半年で2個中隊が配置される。インドの軍事専門家によると、スホイ30は航続距離3000キロで、150―250キロ離れた中国国境には8分で到達が可能という。

 バレーリー基地には戦闘機八機を収容できる大型格納庫のほか、航空電子工学の研究施設も建設中。(17:01)

  1. 2007/10/01(月) 00:30:22|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--