ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近買った本 メモ

榊原さんの新しい本
為替についての考え方の本が好きで前々から読んでたけど
今回また別のがでたから購入



サーチナのが無くなったから
こっちに変更




去年、足の踏み場もないくらい
部屋中に本が溢れて大変なことになり一旦売却していたのだが
やっと整理し勉強しなおすためまた再び購入



普通に趣味



本屋で立ち読みで読破しようと3時間読んでたが
閉店の時間がきたのと、本棚に入れてもう一回読んでおきたかったので購入
キッシンジャーさんのは勉強なる



スポンサーサイト
  1. 2007/12/30(日) 01:30:21|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

写真家マン・レイの言葉と金儲けというゲーム

前回のメルマガで、もう一発くらい下げ局面あって
船の相場の方がリスク高いと書いたけど

現在大体その流れであってて
船の相場は今回のはもう終わったろうし
石油相場の方もあったかくなるちょっと手前辺りで、
いったん崩れるかなとは思うが、
まだ売ってない現時点では堅調

追加の仕込みも終わり
後は刈り取る時期がくるまでは
のほほんとするだけになったので

今回は経済について思うことを
気分転換に書きます

「歴史に門を閉ざすことは出来ない。歴史は戸を蹴破っても進入してくるからだ。
時流に乗らなければならない。いや、それ以上に歴史を先取りしなければならない。
ゆっくり歩いていてはいけない。走って歴史を迎えに行け」

これは写真家マン・レイの言葉ですが
金儲け以外にも分野を問わず我という者を飛躍させるには
他者の需要、世の中の需要
そして何に価値を見出すかを、
じっと観察して先回りしなければなりません

ただ単に自分の思うとおりに主張するだけでは
栄華は望めない
他者の興味対象を捉え、今後の流れを考え
先手先手で次々と提供する

大半の画家はそれが出来ず
生前では報われなかった人が多い

自殺したゴッホが今もなお人々の記憶に残り愛され
現在で名声を確立することができたのは
画商の弟テオが頑張ったおかげですね

一方の
例えばピカソは一人でテオのような事ができ
貴族の末裔と結婚したり、色々と手を打ち
生前から巨匠として生きることができた
ここが面白い所であり難しい所でもあり腕の見せ所でもある

かつて画家の中でも
庶民ではこれ以上望めぬ最高の栄誉である
宮廷画家という地位がありました

この世界では感情を排したリアリズム
または王族や貴族が気に入るように
肖像画を描くことが望まれた

しかし写真というものが出来てからは
単にリアルに描くというだけでは
相対的に価値というものが減った

従って
それ以降は
画家は絵に対し感情という主張
物事を世界をどのように、その人は捉えているのか
絵にこめたのが多くなったのだと私は思う

キュビスム、フォービズム、印象派など
色々ありますが
賛美されていたアカデミックなものとは
明らかに絵というものの意味合いが変わりましたね

これが時代の流れというものです

物事全てそのようにやれるように勤めることは
とても大事

金儲けでも同じことが言えまして
だからこそ自分で好んで選んだ修羅の道で
打ち勝ち叩き潰すために

同じ土俵で勝負する対象について淡々と観察して
狙った獲物をしとめる策を練るのです

需要はどうなのですか
供給はどうなのですか

これは経済の基本中の基本

その基本を抑えずして
この業種は永遠に有望だとか間違いないということは
言えない

諸行無常
永遠に日の沈まぬ国、会社というのはありません

乗るべきは信仰ではなく
事実を捉え勝てると思った所
強い所、強くなる所
時流にあってる所であって

流れに逆らっている所
弱い所ではない

それを理解するための勉強が

ミクロでは
各企業の事業計画、経営状況を分析することであり
各業種の生産状況、どの程度それが消費されているか
などといったことであり

マクロでは
各国の政策、立法の流れを勉強することであり
その影響はどうなるかを考えることであり
政治、軍事の流れを見て
金の流れを捉えることでありますね

それを得るために
法律学、経済学、政治学、会計を学び
道具として使えるようになれば
その虫メガネも用いながら歴史を考え
現在起こっているまわりの現象を捉え
頭の中で妄想して楽しみ遊ぶことができ

もっと世の中を観察する楽しみが増え
しかも豊かに暮らせる

金儲けというゲームは
楽しいですねやはり

「安く買って高く売る」

グローバル化の基本、経済という考えの当たり前のこと
安く作れる所で優れた品質の物を作り
高く買ってくれる所で売るもしくは貸す

ローマ一の富豪と呼ばれたクラッススがやったことですし
他の富豪になった人たちもやったこと

伝記を読めば勉強できて楽しめ
実戦でも試せて血となり肉にすることができます

この言葉は
単純なようで奥が深い
研究する価値がある

ここで善悪うんぬんの話に持っていきたい人は
そのように過ごせばいいことだと思います
生き方は人それぞれ
自由にやればいい
  1. 2007/12/25(火) 17:25:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

女ってどこの国も語学大好きなのかね。頭おかしいんじゃないかと思うよ

この人はフランス人だが
どいつもこいつも国籍とわず
まわり語学できるやつ多くて本当嫌になってくるよ

子供には絶対ペラペラなれるよう
インターナショナルスクール小さい頃から入れてあげよう

しかし語学が好きで勉強してるって意味がわからない
語学でどう金儲けにつなげればいいのか線で結びつきません

講師か
語学講師をやればいいのか?

むしろその手間をかけるくらいなら
日本語ぺらぺらなやつ手元において
商売した方が絶対にはやいはずだと
語学ができない言い訳を作り自分を慰める毎日orz

私とちゃんと英語で会話できてるじゃないと
この後慰められたんだが
どの道英語は普段使うのはそこそこにして
こっち遊び来てる時は日本語メインにしてもらうからいいやと開き直り
日本語ぺらぺらな外国人って最高だと思うととりあえず褒めておいた

しかしいつもいつも
イギリスのローラに
北京に行ってしまわれたパラリーガルのハルに
このフランス人の子にはお世話になっております

ありがとうございますだ
いやぁ頭良いのばっかで助かるな本当

海外旅行の時もほとんど
どこの国に行っても通訳してもらってるから
一人で旅行とかなったら私どうなるんだろ
リスニング苦手だとどうもならんよ

zyunya の発言 (0:03):
Do you like language study?
shauna の発言 (0:03):
yes
shauna の発言 (0:04):
i try to do my best lol
shauna の発言 (0:04):
i have learned english spanish latin and old greek at school
shauna の発言 (0:04):
a little chinese with my ex bf
shauna の発言 (0:04):
i'm learning japanese
zyunya の発言 (0:04):
As for me, my head gets confused.
shauna の発言 (0:04):
and i know a little tahitian and arabic
shauna の発言 (0:05):
lol
zyunya の発言 (0:05):
sugoi
shauna の発言 (0:05):
it's easy here
shauna の発言 (0:05):
there's is lot of foreigners
  1. 2007/12/13(木) 01:42:01|
  2. 自己分析|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--