ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

TBSと楽天、村上ファンドのニュースを見て思う事

書こうと思ったが大学に行く時間がせまってきたので
大学終わってから書きます
さて、大学の授業終わって家着いてから
ゴロゴロし終わったので

TBSと楽天、村上ファンドのニュースを見て思った事を書いてみようかと

善悪については、自分はあまり関心のないのでそれについては話飛ばしますが

まず、気になったのは株を買うということを
ハゲタカだなんだ言って
悪いようなイメージを与える伝え方をしているのが
時々あるのが目に付きましたね

それは全然違うでしょう

会社を上場させ、そこの会社の株式を
誰でも買えるようにするということは

様々な人から事業を行うための
資金を提供してもらい

その代わりに
出した金の比率に応じて
会社の所有権と、会社が稼ぎ出した利益の一部を請求する権利を
与えるということですよね?

こういった事が嫌だという会社は
上場なんてしてはいけないのに
何を今さら文句なんか言っているんだろうと思います

商法を読んでくれればわかるとおり
経営者というのは

実質的所有者である株主に
金の運用をまかされ、
会社が利益をあげれるよう管理し
その報酬をもらっている立場に
すぎません

従って、そこの経営者が自分も大量に株を買い
所有者としての立場も確保してるならともかく

サラリーマンで出世して社長になった人にありがちな
持ってもいないのに
あたかも所有者であるような
発言をするのは、おかしいですね

会社の価値より、株式を安値で放置したままにしたのは
自社株買いをするとか、あらゆる対抗策を
きちんとしてなかった
経営者の職務怠慢とも言うべきものだし

一度買われてから、
株の価値をなくすような
対応にでるのは所有者である株主を裏切る行為なので

商法267条にある株主代表訴訟を起こされ
責任のある人達は株主に与えた損害金を個人で払わなければ
いけません

株とは、ちょっと違うが経営者である取締役の責任が問われた
判例で大和銀行事件(判タ1047号86頁)があるので
興味があったら読んでみてください

まぁ、ぱっと見て思ったことは
こんなとこでしょうか

次は、村上ファンドの投資法について
思ったことを書きます

★☆★☆★☆★

相互紹介コーナー






★☆★☆★☆★

投資金貯めるのにメール受信もいいですよ
とりあえずメール受信用にホットメールのアドレス作って
ポイント沢山もらえる無料会員登録や他のもやれば
1000円、2000円なんて1日で手に入ります

http://dietnavi.com/?id=710978

投資するにあたっての質問、相互紹介依頼、広告に関しては
syamusu723@msn.comにどうぞ

★☆★☆★☆★

編集後記
スポンサーサイト
  1. 2005/10/14(金) 09:25:50|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/117-277e49bc

最大よりも最良たれ

「世界一のインターネット・サービス企業を目指す」これが楽天グループが掲げている目標だ。”世界一”というのが、大きさなのか質なのか明文化されていないが、三木谷社長がTBSとの経営統合を目指すということは、規模の拡大であることは間違いない。 株式公開会社の経
  1. 2005/10/16(日) 15:00:47 |
  2. Hotta World:: 「活・喝・勝」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--