ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

商売のためなら山越え谷越え

「余とても見よう見まねにて、札の名位は見知りおれば、
 実際儲かるものなら早速始むべけれど、
 ただの遊興にとどまりで金儲けにならずとならば、
 まっぴら御免なり。
 およそ世の中に金儲けほど楽しきものの
 あろうはずなく、
 余は死ぬまで金儲けを忘るること能わず」

これは土地長者の九代目渡辺治右衛門(1847-1909)
の言葉
自分の信条を的確に表してくれている言葉なので
すごい好き

他にも好きな人物は沢山いるが
金の稼ぎ方、管理の仕方、増やし方
伝記を読んで特に参考にしているのは
以下の二人

一代の巨万の富を築き、三井、三菱、住友に次ぐ
安田財閥を形成した安田善次郎(1838-1921)

安田善次郎


その言葉

「今や貨幣市場は戦争なり。一勝一敗興亡極まりなし。
 益することあるも、また損することをなしとせず。
 汝等、他人の僥倖うらやみて、分外の利を望むなかれ。
 水中の月影をとらえんと欲するものは、
 ややもすれば深淵におぼれ易し」
 
もう一人
家計を助けるために6歳頃から働きに出て
常に節約をし金を貯め
その金で小さい船をこしらえ運送賃を稼ぎ
やがて提督と呼ばれるようなった
海運王ヴァンダービルト(1794-1877)

ヴァンダービルト


裏切りにあった時に相手に送った手紙は以下のとおり

「拝啓。貴会社は拙者をたばからんとの御主意なるべし。
 拙者はあえて訴え申すまじく候。
 法律の如きは手緩くて、間に合い申さず。
 拙者は貴会社を潰し申すべく候。」

そして新船をどんどん作り格安運賃で運び
相手を破産に追い込むこの対応の仕方も好きだけど

時代は海運の時代から鉄道の時代へと移ると見るや
全ての船を売り払い鉄道会社を果敢に買収する
機を見るに敏なとこが惚れ惚れします


この二人は度胸があって腹のすわりかたも半端なく
果敢に攻めるのに、冷静さを失わなず
常に情勢を分析し対応を見極める。
僕の金儲けの模範のような人達です

投資をやるにせよ日々の生活を送るにせよ
行動を研究するために

12月の残りは
色々な人の伝記を読んで過ごそうかと


スポンサーサイト
  1. 2005/12/26(月) 21:03:24|
  2. 戦争と平和|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

よいお年を!

楽しく読ませてもらいました。知らない人もいましたので、関連書籍を早速手配しました。年始にでも読んでみるつもりです。ヴァンダービルトの生年のところは(1794-****)ですかね。揚げ足取りになってしまいすみません。 それではよいお年を!
  1. 2005/12/27(火) 15:44:07 |
  2. URL |
  3. dragon85 #jjTL4YWY
  4. [ 編集]

本当ですね

1749年生まれじゃ人間じゃないですねw
訂正しときました

相場師とか実業家の物の見方勉強しとくと
やっぱ自分の見方も変わりますから
お勧めです☆
  1. 2005/12/27(火) 16:42:56 |
  2. URL |
  3. ジュンヤ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/177-9979f845
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--