ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

投資立国鮮明に、所得収支が3期連続で貿易黒字上回る

グローバル経済
つまりは徹底的な自由主義への
道を選んだ日本が生き残る鍵となるのは
何なのかは既に現象として現れてきていますね

この現在の状態では
工場の基地としての日本の役割の低下はまぬがれない

投資をするにおいて
後は大衆の認識度具合を図るに限るが
認知から納得への思考の転換は
まわりを観察する分には
まだまだ大分時間がかかりそう


財務省が10日発表した2006年上半期(1~6月)の国際収支状況によると、過去に行った海外投資からの配当や金利収入などを示す所得収支は前年同期比29・9%増の7兆317億円の黒字となり、1985年の調査開始以降、半期ベースの過去最高を更新した。

 一方、モノの取引を示す貿易収支の黒字は半期ベースで過去最少の4兆447億円となり、所得黒字が貿易黒字を3半期連続で上回った。所得黒字の増加に伴い、経常収支の黒字は同7・8%増と2半期連続で拡大し、9兆4377億円となった。

 所得黒字と貿易黒字の差は05年下半期の9070億円から過去最大の2兆9870億円に拡大し、日本の経済構造が、輸出に頼る「貿易立国」から海外投資でも収益を得る「投資立国」に変化しつつあることが一層鮮明になってきた。
(読売新聞) - 8月10日13時18分更新
スポンサーサイト
  1. 2006/08/10(木) 16:06:37|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/276-929810d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--