ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ポンドが買いか?

なんだか強いな
指標といい

対円と対ドルでの買いじゃなく
別の通貨で取引させるか

10/16 プール・セントルイス連銀総裁
「米経済に対するリスクは非対称。高インフレ率に払うコストは経済の減速よりも大きい」「金融政策の見通しについては、利上げと利下げでほぼ釣り合っている」

10/16 イエレンSF連銀総裁
「インフレ率は多くの市場参加者が予想するよりも早く、現在の高水準から低下するかもしれない」「米経済はトレンドを下回る成長の段階に入ったと思われる。そうであるなら労働・製品市場の逼迫は今

10/16 易綱・中国人民銀行総裁補佐
「(人民元について)適切かつバランスの取れた水準で基本的に安定させる。人々は人民元の上昇が中国輸出業者の競争力に影響するのではないかと懸念していたが、そうした懸念は不要なことが既に分かっている」

10/16 ロシア ウリュカエフ・ロシア中銀第一副総裁
「ロシア中銀は外貨準備としてJPYを買い始めた。これまでのJPYの比率はゼロに近いが、今後数%に引き上げる」「(外貨準備の)多様化について考えており、運用対象として認められる通貨の数を増やしたい。多様化は2007年以降になる見通し」

10/13 仏中銀レポート
「米国の経常赤字は、世界経済に懸念をもたらしている。米国の対外債務が持続不可能な水準にあるというリスクは、貿易相手国、とりわけユーロ圏の金融市場や実体経済に有害な結果をもたらし、為替相場の急激な調整が起こるとの懸念を高めている」

10/13 シュタルクECB理事
「(介入について)一つの手段として実行可能と見られるが、非常にまれにしか用いられることはない」

10/13 福井日銀総裁
「(これまでに出ている経済・物価データ)金融政策の基本スタンスの変更を迫るものではない」「(金利水準の調整)経済・物価情勢を良く見極めながら、ゆっくり進めていく、に尽きる」「(年内の追加利上げの可能性)そういうふうに問われれば、これを否定することはできない。かといって現時点で利上げの時期を特定して考えているわけでもない。従来どおり極めてオープン」「米経済は全体として、ソフトランディングシナリオの範囲内で動いている」「(米住宅市場の減速)ゆっくりと金利調整を図っていくという基本スタンスにまで響くほどの強いショックになるかは分からないが、金利調整を進めるペースそのものを調節することで吸収可能な幅はある」

10/12 ベージュブック
12地区中4地区連銀が経済成長の加速を、2地区連銀が減速を示唆。幾つかの地区では賃金上昇圧力の高まりが報告されたが、他の地区連銀は賃金上昇圧力は依然抑制されていると報告。地区連銀の大多数は、物価上昇圧力は抑制されていると報告。

10/12 トリシェECB総裁
「来年、我々は物価の安定を保証する上で必要とされる行動をとる」「我々は(政策行動について)あらかじめコミットすることはせず、事実と経済指標に基づいて必要とされるあらゆる行動をとる」「今年末までの我々の政策行動に関して、現在の市場の見通しを変えるような発言を望まず」

10/12 ウェリンク・オランダ中銀総裁
「(物価の)リスクは依然上振れ方向。金融引き締めを続ける必要」

10/12 中国人民銀行
「安定した健全な金融政策を継続し、人民元の価値を維持する」

10/12 福井日銀総裁
「(金融政策)経済成長をつぶさに点検しながら、あくまで慎重にゆっくりと調整を進めたい」「株と為替の状況は企業にとってコンフォタブル」

10/11 ラッカー・リッチモンド連銀総裁
「インフレ見通しに対して楽観的になるには、コアPCEデフレーターの下落トレンドが確実なものになることを確認する必要がある」「インフレは中期的には低下しようが、それまでにどれぐらい時間がかかるかは不透明」「インフレが現在の高水準で高止まりするようなら、物価安定を保証するためにより一層の金融引き締めが必要に」

10/11 FOMC議事要旨(9/20日開催分)
「インフレ見通しを大変懸念」「インフレ圧力の低下は緩やかなものにとどまっており、リスクは依然インフレ上昇方向に」「燃料コストの低下と景気の減速がインフレ見通しを改善し、政策金利据え置きの決定をより容易に」「2007年、2008年の成長率は潜在成長率近傍となる見通し」

10/11 バイズFRB理事
「米住宅市場の調整は今のところ秩序立っているが、急激な調整のリスクも否定できない」

10/11 独 与党関係筋
2006年の財政赤字が財務省の公式予想であるGDP比2.6%をかなり下回るとの見方を示す。

10/11 EUR ドラーギ・イタリア中銀総裁
「原油高、インフレ圧力、貿易上の不均衡が世界経済成長にとってのリスク」

10/11 ギーブBoE副総裁
「BoEは1-2年でインフレをターゲットに戻すためにあらゆる措置をとる」「市場が11月の25bp利上げを予想していることは認識しているが、まだ決定はしていない」
スポンサーサイト
  1. 2006/10/18(水) 13:03:48|
  2. 為替|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/289-b9504b0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--