ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

イギリスは利上げ主張メンバー二人、ソロスはブッシュ敗北予想

今のとこユーロは一旦足踏み状態、イギリス好調
プラス最近の発言でソロスが
ブッシュ敗北予想と言ってたが

アメリカは今経済で帝国主義を進めるというより
軍事で帝国主義を進めて
経済体制を維持する必要があるから
共和党の方が有利かと思うのだが
どうなんだろ

【日本】
*景気一致指数・改定(8月) 14:00
結果 80.0%
予想 80.0% 前回 77.8%

*景気先行指数・改定(8月) 14:00
結果 18.2%
予想 18.2% 前回 20.0%

*日銀政策委員会・金融政策決定会合議事要旨(9月7日、8日分) 14:00
政策変更時期、予断ないことの丁寧な説明が大切との認識を共有。
設備投資加速で景気の振幅大きくならないか注意-複数の委員。
米住宅投資減少いきすぎると景気全体が下振れ、注意要する-何人かの委員。
「物価安定の理解」はCPI基準改定で変更ないことを確認。
先行きの物価見通し、連鎖型の物価指数の利用も有益-ある委員。
エネルギー関連以外で物価上昇圧力の高まり観察されず-1委員。

【英国】
*英金融政策委員会議事録(10月4日、5日分) 17:30
10月5日に4.75%で政策金利据え置きを発表した際の議事録。

10月のMPCで7対2で金利据え置きを決定。
2人が0.25%の利上げを主張。
ベスレー・センタンス両新委員が5%への利上げを主張。
何人かの委員、経済成長は平均以上である兆候がある。
何人かの委員、8月の利上げの効果についてはより一層の精査が必要。
何人かの委員、石油価格の下落は第4四半期のインフレを抑制する可能性。
据え置き、利上げの論議があったが最終的には均衡がとれているとの決定。

*失業率(9月) 17:30
結果 3.0%
予想 3.0% 前回 3.0%

【ユーロ圏】
*ユーロ圏貿易収支(8月) 18:00
結果 -5.8B
予想 -2.3B 前回 1.5B
結果 -5.5B
予想 -4.0B 前回 -6.4B

【カナダ】
*景気先行指標指数(9月) 21:30
結果 0.4%
予想 0.2% 前回 0.3%(0.2%から修正)

【アメリカ】
*消費者物価指数(9月) 21:30
結果 -0.5%
予想 -0.3% 前回 0.2%(前月比)
結果 2.1%
予想 2.3% 前回 3.8%(前年比)

*消費者物価指数・コア(9月) 21:30
結果 0.2%
予想 0.2% 前回 0.2%(前月比)
結果 2.9%
予想 2.9% 前回 2.8%(前年比)

*住宅着工件数(9月) 21:30
結果 1772K
予想 1640K 前回 1674K(1665Kから修正)
単位:K=千件

*建設許可件数(9月) 21:30
結果 1619K
予想 1710K 前回 1727K
単位:K=千件

--+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
《本日予定される主な経済指標及び発言予定》

【ユーロ圏】
*ドイツ生産者物価指数(9月) 15:00
予想 -0.2% 前回 0.2%(前月比)
予想  5.3% 前回 5.9%(前年比)

【英国】
*小売売上高指数(9月)17:30
予想 0.4% 前回 0.3%(前月比)
予想 4.1% 前回 4.3%(前年比)

*公共部門ネット負債(9月)17:30
予想 5.0B 前回 7.6B
単位:B=10億英ポンド

*マネーサプライM4(9月)17:30
予想 0.8% 前回 0.8%(前月比)
予想 13.2% 前回 13.7%(前年比)

【スイス】
*貿易収支(9月)15:15
予想 1.35B 前回 0.54B
単位:B=10億スイスフラン

*実質小売売上高(8月)16:15
予想 2.8% 前回 2.1%

【カナダ】
*卸売売上高(8月)21:30
予想 0.3% 前回 2.1%(前月比)

*国際証券取扱高(8月)21:30
予想 3.0B 前回 3.1B 
単位:B=10億カナダドル

【米国】
*新規失業保険申請件数(10月15日までの週)21:30
予想 310K 前回 308K 
単位:K=千人

*景気先行指標総合指数(9月)23:00
予想 0.3% 前回 -0.2%

*フィラデルフィア連銀景況感指数(10月)20日 1:00
予想 7.0 前回 -0.4

+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
《主な発言・ニュースなど》

【日本】
*日本銀行・清水氏 9:42
キャリートレードの監視を最近始めたとの認識は正しくない。
キャリートレードに関心を持っている。
金融市場は毎日監視する。
(ブルームバーグ)

※清水氏は外国為替平衡操作担当

【ユーロ圏】
*独ボッシュ 9:04
ドイツの自動車関連部品大手ボッシュは、豪自動車部品製造メーカーの
パシフィカ・グループを全額現金で買収すると発表した。買収金額は
260.5百万豪ドル(約196百万米ドル)になる見込み。

*ハーレー・アイルランド中銀総裁 14:01
2006年の政策金利見通しを「市場は理解」。
2007年の金利決定は指標次第。
エネルギ価格の見通しは不透明。
原油価格の下落は「歓迎する主要な」変化。

*リープシャー・オーストリア中銀総裁 14:45
ECBは金融政策で事前に約束しない。
市場期待を変える理由はない。
12月の経済見通しに多くがかかっている。
原油価格の予想は困難。
賃金の二次的な影響のリスクが高まった。
二次的な影響を阻止するためにECBは行動する。

*ドイツ政府筋 20:27
人民元は過小評価されている。
中国は人民元により一層の柔軟性を持たせる余地がある。
G8はヘッジファンドの透明性を高めることになろう。

【アメリカ】
*NBC 8:55
北朝鮮が一連の地下核実験の意向を中国に伝達、米当局者。

*ヒル米国務次官補 10:22
北朝鮮による二度目の核実験に対する具体的な情報はない。

【スイス】
*ヒルデブランド・スイス中銀理事 15:15
スイス経済に過熱の兆候は無い。
信用の伸びも、不動産価格への悪影響はみられない。

【その他】
*米著名投資家ジョージ・ソロス氏 10:35
11月の中間選挙ではブッシュ大統領の共和党が敗北すると予想している。
米国の不動産価格は1、2年にわたり大幅に下落すると見ている。
北朝鮮問題で韓国売りはない。
(18日 韓国毎日新聞)

*朝鮮中央通信社 10:38
金正日総書記が核実験実施後、初の公の場に登場。

*ベネズエラ 12:10
17日、日量5万バレルの減産実施したことを発表。

*聯合ニュース 13:08
北朝鮮は中国に2度目の核実験計画を告げていない。

*アルジェリア石油相 19日2:39
OPECは当面日量100万バレルの減産で合意した。
生産と割当についてはまだ協議している。
(OPECの臨時会合は明日19日に開催予定)
スポンサーサイト
  1. 2006/10/19(木) 12:24:00|
  2. 為替|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/290-5fc6d94e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--