ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

国家と個人の発展に必要なのは貯蓄と投資

思考過程保存

資本主義というシステム上

見知らぬ者の親切心に頼ることをやめた上で
成長金融をつけるためには国内貯蓄を刺激し促進する
メカニズムが必要である

我々の場合、前世代が負担したため当たり前と
思っているが、発展途上国では
高速道路、地下鉄網、飛行場、給排水施設
発電施設といった基盤整備のために
高い貯蓄率と投資率が必要

国家の発展のためには
貯蓄を生産的な分野に資金を流しこみ
投資し企業を成長させ
さらに資金需要を引き起こさせるという
サイクルをひきおこさせることが必要
そうすれば
大幅な貿易黒字は達成される

これを個人にあてはめて考えれば
個人はメルセデスに金を使うより
貯蓄と再投資を求めるべき

企業は富の創出装置であるために
その獲得に努力を費せば
資本主義のシステム上
富豪になるのは簡単である

必要な能力は
企業の富の創出力の分析力
市場の需要と供給についての分析力

非生産的な目的のための融資は結局
不良債権になる

(ex.
国家を例とすれば
戦いに負けたばかりの国の戦費融資は
最悪の不良債権
何も獲得できず
爆撃で壊れた工場の残骸しか残っていないのでは
富は創出できない

個人を例とすれば
車や時計、バックの獲得に努力しても
これらは何も富を創出できない)

従って
それ以外の無駄な努力は費やさない
徹するべし

これこそ
戦前の地主階級のような状態に
復帰するために必要なこと






スポンサーサイト
  1. 2006/11/26(日) 05:01:49|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/296-55156e01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--