ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アメリカのイラク政策は成功である

イラク戦争が泥沼化して
アメリカは失敗したという論調が結構多いが
基本自分として感じるに
アメリカは根幹の目的は達成したので
枝葉の部分がミスろうがなんだろうが
別にかまわないじゃないかと思う

資源そのものを抑えなくても
資源の取引をフセインが起したユーロ決済から
ドル決済にフセイン親子をぶっ殺したことによって
戻せたのであるし

後は
アメリカがイラクを統治できなかろうが
イラク国民同士で殺しあおうが
国家戦略としてどうでもよいことである

ユーロ決済とドル決済では
アメリカにとって大きな違い

世界中の人々が
ドルで取引するならば
貿易赤字、財政赤字など存在せぬに等しいが
ユーロ決済に世界が変わるなら
潜在的破綻国であるアメリカは
超大国からただの大国に没落する

それを阻止するために
ロシアに対しては反政府組織に国をあげて資金を送り
内部から攻めているし
(チューリップ革命だなんだと
 お花の名前がつく革命がいくつかあったが
 あれ全部アメリカの政府が資金ばんばん送り込んで
 やらせたんですよ把握してます?)

イランにも核がどうのこうのと
いちゃもんつけてるわけだし

中国に対してもしかりだ

民主主義だの自由だの
はっきり言ってそんなことはどうでもよく
覇権を維持し世界を自由に扱える
権限を握り続けることこそ
アメリカにとって重要である

今後の世界史は
ドル決済からユーロ決済または
ルーブル決済に変わるかどうか
そこさえ注目していれば
流れは全て読めると思う

もちろんこれに自分が注目して
勉強している理由は
政治と経済の勉強が
投資に深くかかわっているから

プラス
分野とわず
物事を推理するのが、とことん好きだから
という理由のみであることは言うまでもない

愛で地球は救えない
正義にしろ悪にしろ
実現するには力が必要

力無き者無に等しきが今の世の中であります

共産主義が没落してから
半世紀近いが
資本主義に対して対抗できる勢力がなくなった分
再び本来の資本主義に戻ろうとしてるのが
今現在の動き

グローバル経済
二極化
サラリーマン定率減税の廃止
法人税の引き下げ
労働時間の上昇
賃金の低下
(共産主義がなぜ発生したか
 以上の事柄と歴史を鑑みれば用意に理解できますね
 本来の資本主義とはこういうことが普通なのです
 当時の詩を読んだりすれば雰囲気も掴めると思います)

これ全部
その一貫ですから
別々の事柄として議論している人がいるが
ちゃんちゃらおかしいってもんですわ

さてこの状況に対して
どのように個人が対処すれいいかだが
歴史の勉強が大切

丁度時代的には
大英帝国の始まりから没落まで
その過程を事細かに勉強すれば
自分がなぜ大学1年から猛烈に投資の勉強をして
海外投資を始めたかも
なるほどこういう意図であったかと
理解してもらえることと思う

今自分がやっていることは
大英帝国と同じ戦法です
スポンサーサイト
  1. 2006/12/13(水) 20:02:14|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/300-1aef7ee7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--