ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

CIA工作員身元漏えい:リビー被告に実刑判決 連邦地裁 メモ

【ワシントン大治朋子】米中央情報局(CIA)工作員の身元漏えい事件でワシントン連邦地裁は5日、元チェイニー副大統領首席補佐官のルイス・リビー被告(56)に対し、禁固2年6月、罰金25万ドル(約3000万円)の実刑判決を言い渡した。捜査ではイラク戦争前のブッシュ政権による情報操作などが明らかにされたが、追及を逃れ、同被告の偽証罪などの立件で終結した。弁護側は控訴する方針。

 リビー被告は取り調べの過程での偽証や司法妨害など4件の罪で今年3月に有罪評決を受けていた。弁護側は控訴中の身柄拘束免除を要請、来週中にも審理される見通し。

 ペリーノ米大統領副報道官によると、ブッシュ大統領はプラハからドイツに向かう機中で判決を知り、「(リビー被告の)妻子を気の毒に思う」と述べた。チェイニー副大統領は弁護側控訴を前提に「司法が適切な最終判断に至ることを望む」との談話を発表した。

 事件では03年7月、米国の元駐ガボン大使の妻がCIA工作員だとメディアで暴露され、司法省が「意図的な工作員の身元の暴露」と見て米連邦法違反で情報源を捜査した。元大使はイラク戦争前、「イラクによるウラン購入の疑惑はない」と米政府に報告したが政権は開戦に踏み切り、元大使は新聞でこれを批判。身元暴露はその「報復」とみられた。

 捜査でリビー被告やカール・ローブ大統領次席補佐官、アーミテージ元米国務副長官らによる暴露と判明。ブッシュ大統領やチェイニー副大統領も事情聴取されたが、司法省は「構成要件を欠く」として同法違反での立件を見送った。

毎日新聞 2007年6月6日 10時36分
スポンサーサイト
  1. 2007/06/06(水) 15:17:13|
  2. 戦争と平和|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/341-95ab9b6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--