ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

モーツァルトとピカソ

小さい頃は草と虫と動物の観察が好きであったが
今は人と金の流れの観察が好きである

金の流れの観察をすることは
世の中の流れを知ることができ
それに対しての自分の対策を練るためであるが

人間観察の場合は
人は生きていても死んだ人でも良く
ただ興味をひかかればそれで良い

自分に無いものを持っているゆえに
興味ひかれることもあれば

人並みはずれた才能を持ちながら
繁栄への道、没落への道
両極端な人生を送ったそれぞれの人間
その違いをもたらした違いとは何かが気になり
それゆえに興味を持つということもあり
人それぞれである

人も動物と同じく多種多様で観察に飽きがこないもので
長く楽しめる
それゆえに私は生身の人間を善人であれ悪人であれ
思想、行動パターン、趣味箸好
細かく調べるということ含め観察対象として好きである

モーツァルトとピカソに興味ひかれるのは
共に幼少時からまず父親に才能を発見され
開発、利用としようとする欲求につき合わされ
神童として世間に知られていくが

一方は世間にもてはやされ富と名声を得て
巨匠として最後を終えたが

一方はやがて
貧困にあえぎ若くして死ぬことになる

芸術家は後者であるこちらがわの人生を送る人間が多く
高校の時世界史の勉強をしている時
資料集にでてくる人間の生まれた年と死んだ年
各皇帝、貴族、軍人、政治家、商人、芸術家、
暇つぶしに暗記して
各人物の死因
自殺か他殺か衰弱死か事故死かを
伝記やら辞典やらからをほじくりだし調べて
遊んでいたのであるが

モーツァルトは35歳
ウェーバーは39歳
シューベルトは31歳
アリアガは19歳
メンデルスゾーンは38歳
ショパンは39歳
それぞれ死んでいる
芸術家でなくジョン・ケイ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%82%A4_%28%E9%A3%9B%E3%81%B3%E6%9D%BC%29
など有名な発明家だって
似たような人は多い

天才であるならば
人より並外れた才能を持つものであるならば
他を打ち倒せるような力をもつものであるならば
当然に栄光を手に入れることができ
幸せに暮らすことが出来ると
小学校の時まで信じていて
己もそれに満足し望んでいた価値観というものが

中学以降
商売のため一人で路上で寝泊りし
夕方から朝商品を仕入れるための店があくまで
ダンボールとござしいて、アルミホイルと新聞紙にくるまり
座っている間暇つぶしに
歩いている人間、興味本位で話しかけてくる人間、
薬をやっていて金をとろうと近寄ってくる人間
知り合った人間をじっと観察をし
喜んでみせたり、悲しんでみせたり、怒ってみせたり
驚いてみせたり、はしゃいで楽しんでみせたり
それぞれに態度を変えて遊び
その反応と様子をまた観察して遊んでいた結果
ゆらいでいた時期であったので
この発見は新鮮なものであり、
内心気になっていたことでもあり興味をひかれた

私が好きな
フリーメーソンの一員でもある
モーツァルトの死の直前最後の曲
レクイエムを仕上げている時の手紙
1791年9月の時の言葉

「自らの才能を楽しむ前に、
 とうとう最後の時が来てしまいました。
 それにしても、人生はなんと美しいものでしたでしょう
 生涯は幸福な予感のもとに始まりました
 
 しかし、運命は変えようがありません
 誰も自分の一生を測ることはできないのです
 あきらめが肝心です
 すべては、神のお望みのままになるでしょう
 ここまでにしておきます

 これ<レクイエム>は、私の葬送の歌です
 未完のままにしておくことはできません」

これがモーツァルトの認識した世界であり
結果は貧困の中疲労困憊した妻を残し
35歳で亡くなったということ

ピカソの方は

んっそろそろ寝るから
残り書いて遊ぶの明日にする

スポンサーサイト
  1. 2007/07/03(火) 23:45:18|
  2. 戦争と平和|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/345-61108d47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--