ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

インフレ率10万%世界で最悪の経済状況にある国はどこか?

日本は外貨準備が大量にあるから
まだまだこのような状況は防げているが
この国より我々の国は対GDP比の債務率高いわけです
貿易収支と財政収支その内訳
これからも細かく見て素早く動くに限るな

金がないからどんどん札を刷って凌ごうとする
他国と比べ通貨が安くなってる2つの国
注目すべき

もうドル円で物を考える時代ではない

細かな点で違うことはあっても
いつの時代も根本は変わらない


発信箱:インフレ率10万%=中村秀明
 世界で最悪の経済状況にある国はどこか?

 自爆テロが続くイラクでも、大量虐殺とあふれる避難民のスーダンでもない。アフリカ南部のジンバブエである。

 国際通貨基金(IMF)が「年末には年率10万%」と予測する超インフレに見舞われ、失業率は推定70%超。インフレ率10万%とは、きょう100円のモノがあすは300円、1週間後に約2000円になる世界だ。政府も手をこまねいているわけではない。ただし、無謀な対策だ。

 6月に全商品の価格を強制的に半値にする「価格半減命令」を出した。命令が守られていないとみるや、警察が取り締まりに乗り出し、商店主や企業経営者を逮捕した。最近は、企業などに商品価格や賃金の値上げを禁止したようだ。

 かつては英連邦の一員で、豊かな土地に恵まれた農業国だった。稼いだ外貨で教育と医療を充実させ、ムガベ大統領は「独立の英雄」と尊敬された。しかし、数年前から白人経営の農場を強引に国家管理にしたり、野党を弾圧するなど強権政治に走った。それが欧米の制裁を招き、経済状況は急変する。

 食料不足に陥り、国民は飢えた。国の財源も不足したため、紙幣をどんどん刷ってしのごうとした。当然、ものすごいインフレがやってきた。

 4年前、現地を取材した同僚は「独立戦争の苦しさを知る国民は戦いを望まない」というあきらめを聞いたという。国のリーダーが道を誤り、国民がそれを正そうとする熱意を失うと、どうなるか。超インフレという経済の生きた教材を提供するジンバブエ問題の底流は深い。(経済部)

毎日新聞 2007年9月28日 東京朝刊

スポンサーサイト
  1. 2007/09/29(土) 22:59:58|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/349-b92ada96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--