ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

米国は全体の3分の1を占める最大の兵器輸出国 議会調査局

来年はこれらの金が計画どおりむこうがやるなら
ちょっと鈍るんだよなぁ
ここなんだ投資においての迷うとこは

米国は全体の3分の1を占める最大の兵器輸出国 議会調査局
2007.10.1 19:06
 米議会調査局は1日、2006年の各国の発展途上国への兵器売却総額(契約ベース)は約288億ドル(約3兆3000億円)で、米国が全体の3分の1超の103億ドルを占めてトップだったとする報告書を発表する。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が報じた。

 「発展途上国への通常兵器移転」と題する報告書によると、途上国と先進国を合わせた兵器売却総額は前年比約13%減の403億ドルで、同じく米国が169億ドルを占め最大の輸出国だった。

 途上国への兵器売却では、2位はロシア(81億ドル)、3位は英国(31億ドル)だった。先進国への輸出を合わせた額でも同順位。

 輸入国はパキスタン(51億ドル)、インド(35億ドル)、サウジアラビア(32億ドル)、ベネズエラ(31億ドル)、アルジェリア、イスラエル(いずれも21億ドル)の順。

 中国は高性能の空・海軍兵器をロシアから輸入する一方、途上国に安価な兵器を輸出している。(共同)
スポンサーサイト
  1. 2007/10/01(月) 21:39:48|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/351-c23a6981
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--