ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

んっこれはロシアも政治的に大きな方針転換してきたな。ロシアの対中兵器輸出、ほぼゼロに

アメリカを叩き潰すでプーチンさんは
いったん中国と組んだけど
基軸通貨体制を破壊し勝利することが決定したので
年率の軍事費の伸びが著しく
世界2位の中国への警戒を優先してきた

やはり永遠の同盟はなく
あるのは利益のみ
国際社会の本質がわかる

でもこの決定は指導者としては正解だと思う
バランス・オブ・パワー
何が起こってもいいように
あらゆる対策をたてるのみ

しかしこれで私も投資がやりづらくなるので
細かく見てかないと
いけなくなった

対中包囲網の強化されるとなれば
次の国へ移らなければいけない時も来るやもしれん





ロシアの対中兵器輸出、ほぼゼロに=最新鋭技術の提供めぐり対立
(時事通信社 - 01月29日 21:01)
 【モスクワ29日時事】ロシア紙・独立新聞は29日、ロシアの中国向け兵器輸出がほぼゼロに激減していると伝えた。この問題を協議するため、セルジュコフ国防相が5月のプーチン大統領退任までに訪中する可能性があるという。



 ロシアから中国への兵器輸出は最近まで、年間18億~20億ドルに上り、兵器輸出全体の約4割を占めていた。しかし、同紙によると、ウズベキスタンにある軍需工場の技術者不足から、総額15億ドルに上る軍用機輸出契約が最近頓挫し、現時点で大型契約は残っていない。



 また、対中警戒感が根強いロシア軍内で、中国に最新鋭兵器をどこまで提供するかをめぐり意見が統一されていないことから、中国が求める兵器の売却やライセンス生産の権利付与に応じていない。ロシアは一方で、インドには戦闘機を含む最新鋭兵器を売却しており、中国側の不満が高まっているとされる。 



[時事通信社]
スポンサーサイト
  1. 2008/01/30(水) 09:25:13|
  2. 投資についての考え方|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/366-a3d211fd

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2008/02/01(金) 00:00:46 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--