ジュンヤの中国株&日本株投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

鉄と海運

法律の塾行こうと思ったら、親あてに投資用の不動産物件についての電話がきた

100万単位の話なら自分の親が勝手に決めるだろうが
1000万単位の話なら、実際にどのくらい利益でそうか

物件価格と付近の家賃相場考えながら計算する
俺の担当なので、親に物件についての話伝えておくってことにして
聞こうと思ったんだけど、またかけると切られちゃいました・・・

学生って肩書きはこういう時つらいですね

さて今日は鉄鋼と海運関連銘柄について考えてみようかと

現在中国の鉄鋼関連は投資過熱気味だということで
引き締めの対象にある
02,03年辺りから株価が伸びだして、高値から結構下げて
PERも低い

けれど自分は株買うのはまだ待ったほうがいいかなと思う
その理由は

1、チャート的にみて不安

2、沢山の鉄鋼会社が設備投資して鉄を作っているので
  一時的にせよ需給関係の悪化あるんじゃないか
  (セメント会社が今どうなってるかを考えた)

3、1、2ヶ月前に日経金融新聞読んだことなので
  うろ覚えの知識なんだがGMの自動車減産で
  アメリカの鉄の需要が少なくなり、鉄の価格が下がっている
  なので、米国の鉄鋼会社の鉄がその分海外輸出で稼ごうとすると
  当然他の国の鉄の価格にも影響する

まぁそんな理由です

後、海運関連なんだが

鉄を運んでる船が多い会社その分、
船の運賃下がるのは当然ですよね

商船三井は強気な発言をしていますが
自分は慎重派の日本郵船の意見に賛同します

中国の海運関連も鉄の原料輸送して大半の利益あげている
会社あるのだとしたら、影響するので追加投資は
当分様子見にして控えたほうがいいでしょうね

中国企業情報でも購入して各会社の利益構成を見るのが
参考になるかと思います

今日はここまで
スポンサーサイト
  1. 2005/07/12(火) 01:17:13|
  2. 鉄と海運|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zyunya1983.blog11.fc2.com/tb.php/52-647ea464
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--